【政治家|議員関連キーワード】政治家|議員専門プロダクション「ポリプロ後援会事務所」Politicians.PRO!政治家議員|紹介|派遣|講師|顧問|キャスティング|マネジメント|後援会プロモーション|講演会イベントセミナー勉強会交流会|ポリティシャンズドットプロ!

政党とは

政党とは

政党以外の政治団体については「政治資金団体とは」をご覧ください。
政党(せいとう)とは、共通の政治的目的を持つ者によって組織される団体です。

■概説
政治において政策や主張に共通点のある者同士が集まって、意見の集約と統一された政策の形成を図り、政策の実現に向けての活動として、政権を担当もしくは目標とし、議会の運営の基本単位になるなどを行う組織または団体のことを指します。
政党の結成を結党、解散を解党といい、政党を構成している自然人を党員、その最高役職を党首、党員ではない支援者を党友と呼びます。
政党には目指すべき目標があり、それを綱領と呼びます。
多くの近代国家では各種の政治レベル(連邦国家、国家連合、国家、地方自治体など)での法律上の要件(政党要件)を満たした場合は、法的にも政党としての資格や保護を受けられます。
逆に複数政党制を採用していない場合、政府が特定の政党を禁止するなどにより、非合法状態の政党も存在します。
政党の数や権力との関係による分類には、一党独裁制、複数政党制などがあります。
また政権に参加している政党を与党、参加していない政党を野党と呼びます。
これは上述の各種の政治レベルで存在するため、国政上の与党が地方議会での与党とは限りません。

■機能
政党の機能としては、まず、社会に発生する紛争を政治問題として政治過程のチャンネルに掲載することが必要となります。
ガブリエル・アーモンドはこの機能を利益表出機能と呼びました。
また、社会内部の様々な利益を集約し、政治へと反映させる機能があります。
政党が政策という形で市民に対し利益の集約したものを提示し、政府に対してそれを提示して実行させるよう努めます。
これを利益集約機能と呼びます。
また、政党が集約したわかりやすい政策や争点を市民に提示することで、市民の政治への理解・参加を促進させる機能も持ちます。
政治指導者の補充・選出機能も重要です。
政策の似通ったものから候補を選抜して選挙に出馬させ、当選すれば党内にて経験を積ませながら育成し、より高度な集団を率いることのできるようなリーダーを育成していきます。
そして政党の力を利用してそのリーダーを元首などの国家指導者に就任させます。
この際政党は政府内部で内閣や大統領府を自らのメンバーを主体として組織し、政策決定機関を組織化することも行います。
そして選挙によって勝利した政党は与党として政権を担当し、敗北した政党は野党として与党の政策の不備な点を批判し、監視・修正させる機能を持ちます。
この与党・野党は民主主義国家であれば選挙結果によって当然入れ替わりを生じるため、政党には政権担当能力・政権批判能力のどちらも保持していることが求められます。

■政党の法制化と法律上の政党
世論の政党に対する態度は、政党に対する反感、政党の容認、政党の法制化へと移り変わりました。
政党は本来私的結社でありなんら法的な根拠のあるものではなかったが、機能が有効なものと認められたため、徐々に政党は重視されるようになりました。
政党の法制化への重要な一歩は、20世紀初めに比例代表制の導入で踏み出されました。
この制度は、政党の存在を立候補の前提としています。
ついで20世紀後半に、政治資金の規制や助成の制度が、政党の内部運営にまで踏み込む法制化をもたらしました。
法制化には、政党活動の奨励と政党に対する国家干渉の両面があります。
制度の先鞭をつけたドイツで、この状態は政党国家モデルとして研究されました。
政党による国家支配は(例えば国民の意思より政党の意思が優越するというような意味で)単純に実現しているわけではありません。
しかし、法制化の恩恵を既成政党に限ることで、新興政党の挑戦を国家の力で妨げる側面はあります。

■日本の政治団体
政治資金規正法で規程されています。
政治団体の届出先は、都道府県の選挙管理委員会を通して総務大臣。
ただし、一つの都道府県区域でのみ活動する場合は、都道府県の選挙管理委員会。

・政党 – 所属する国会議員が5人以上いる、または、以下の条件に該当する政治団体
前回の衆議院議員総選挙(小選挙区・比例代表)、前回又は前々回の参議院議員通常選挙(選挙区・比例代表)のいずれかの全国を通じた得票率が2%以上
・政党助成法により政党交付金の交付の対象となります(交付は届出制)。
・政治資金団体 – 政党のために資金援助することを目的とした団体
・その他の政治団体 – 上記2例以外の政治団体
主義主張団体、政策研究団体、推薦団体、後援団体、特定パーティー開催団体(政治資金パーティーのうち収入が1,000万円以上)、等
・報道などで「政党」として扱われても、設立したばかりの団体など、実際には上記政党要件を満たしていない政治団体が該当します。
・資金管理団体 – 公職の候補者が代表者である政治団体のうち、政治資金の拠出を受けるべき政治団体として指定したもの

国会議員関係政治団体(以下の1.~3.)は、収支報告に関する特例が設けられています。
1.国会議員・候補者が代表者である政治団体(1号団体)
2.寄附金控除制度の適用を受ける政治団体のうち、特定の国会議員・候補者を推薦、又は支持することを目的とする政治団体(2号団体)
3.政党の支部で、国会議員・候補者が代表者であるもの(みなし1号団体)

■区分
政党はその国によって、様々なシステム(政党制)が存在します。
一党制の国は政党の選択システムがないため政権交代が原理的に不可能であり、実質的には独裁制と同義です。
名目上複数政党制となっている国においても、例えば中華人民共和国や1989年以前の東ヨーロッパのいくつかの国のように政権交代が原理上不可能であり、覇権政党とそれに翼賛する衛星政党しか存在しない国家も存在し、こうした国は当然民主国家とはみなされません。
また、政党はその政治主張やイデオロギーによってもいくつかに区分されます。
保守主義、自由主義、社会主義、社会民主主義、民主社会主義、共産主義などです。
こうした政党はイデオロギーごとにそれぞれ国際組織を持っており、社会主義・社会民主主義・民主社会主義政党の所属する社会主義インターナショナルや、自由主義政党の所属する自由主義インターナショナル、保守主義政党の所属する国際民主同盟などが存在します。
綱領に対して厳格な政党はイデオロギー政党と呼ばれることがあります。
各国国内において、政党は政治的スペクトルによって分類されます。
いわゆる右翼・左翼であり、共産主義や社会主義が左派、保守主義やファシズムが右派とされます。
左派を革新、右派を保守と呼ぶこともあります。
なお、両派において極端に過激な主張をするものは、それぞれ極右・極左と呼ばれます。
また、両極に偏らない中間的な主張をする政党は中道と呼ばれ、その立ち位置によって中道右派・中道左派とも呼ばれます。
さらに、派閥が存在することが多いです。

■沿革
政党の成立
・近代政党の起源
1.議会が存在しなかったり選挙権が制限されていた国で、政治体制の改革や革命を企てた政治結社にあります。
2.初期の議会にあり、議会運営のための派閥が一時的なものから恒久的な組織に発達しました。
議員である有力者が議会運営のために作った名望家政党(幹部政党)が初期の政党です。
普通選挙の採用にともない増加した選挙民との結合が困難になると、議会外に多くの党員を持つ大衆政党が出現しました。
名望家政党と大衆政党の2つは、上記の政党の2つの起源と重なっています。
新しい大衆政党の挑戦を受けて、以前の名望家政党も党員層を広げました。
保守主義、自由主義の政党が名望家政党の形態をとることが多く、社会民主主義、共産主義の政党が大衆政党の形態をとることが多かったです。
次いで、ある一定の階級やグループに基盤を置くのではなく、社会全体のあらゆるグループから支持を集める政党が出現しました。
このタイプの政党は包括政党と呼ばれ、党員は薄く広く広がっているものの、議員が主導権を握っているのが特徴です。

■現代の政党
マスメディアの発達によって著名な政治家・党の意見が直接選挙民に届くようになったため、党組織の役割は低下し、大衆政党もふるわなくなりました。
人々の関心が国政の長たる首相・大統領とそれら公職への候補個人に集中することで、政党の力はさらに低下したとする観測があります。
他にも様々な政党衰退論があります。
ですが、政党衰退に導くような現象が社会に浸透して数十年が経過した現在でも、理論的には起きるはずの選挙結果の流動化が起こっていません。
先進民主主義国の多数の政党システムは大きな変化なしに推移しています。
このことを、社会基盤を失った政党が、ただ選挙市場で既得権をもった独占者として生き延びているとして説明するのが、カルテル政党論です。

日本の政党(にっぽんのせいとう)では、日本における政党および政党制や法制度、歴史などの背景について記述します。

■法律上の要件
現在の日本では、政治資金規正法により政治団体の届出が定められています。
同法第8条によれば、政治団体は届出前に寄付や支出をすることができないとされています。
従って、秘密結社を設立すること自体は違法にはならないですが、秘密のまま団体として寄付を集めたり支出することは違法となります。
このようにして届け出られた政治団体の中から、一定の要件を満たすものを政党と呼び、各種の保護の対象としています。
公職選挙法・政治資金規正法・政党助成法・政党法人格付与法の各法で、それぞれ似ているが微妙に異なる要件を定めています。
すなわち、「政治団体のうち、所属する国会議員(衆議院議員又は参議院議員)を5人以上有するものであるか、近い国政選挙で全国を通して2%以上の得票(選挙区・比例代表区いずれか)を得たもの」を政党と定めています。
かといって、小政党・地方政党が法律に従って現実の政党概念や政党分析、政党システム分析から追放されるわけではありません。
しかし、こと国政選挙に関していえば、政党とその他の政治団体・無所属候補の扱いの差は大きいです。
例えば、法律で認められたポスター・ビラ枚数や選挙カーの台数など、公職選挙法上の政党には候補者とは別枠で数が認められているなどです。
その他、政党以外の候補は 以下の点で法律上大きく不利な条件で選挙運動を強いられています。

・総選挙及び衆議院補欠選挙では選挙区で政見放送に出演できない
・参議院選挙の選挙区における政見放送において政党所属候補及び推薦候補でない候補は持ち込みビデオ方式が認められずスタジオ録画方式のみ
・総選挙で比例区の重複立候補が認められていない
・政党は比例区に1人からでも候補を立てられるが、政治団体は衆院では定数の10分の2以上、参院では10人以上(選挙区と含めて)候補を立てなければならない
・企業(法人)からの政治献金を受け取ることができない(政党以外の政治団体は、個人献金のみ受け取れる)
・政党とその資金管理団体以外の政治団体への寄付は政党等寄附金特別控除の対象とならないため政党に比べカンパを集めにくい
・比例区の選挙において、政党は既存政党と同一・類似の略称が使用できるが、政治団体は既存政党と同一・類似の略称は使用できない。

2005年(平成17年)の第44回総選挙後、選挙無効の訴訟が起こされました。
この訴訟で原告は、一票の格差の他、公職選挙法における政党候補と非政党候補の格差は憲法14条1項の法の下の平等に反し違憲であると主張しました。
しかし、東京高裁で原告は全面敗訴。
2007年(平成19年)6月13日、最高裁判所大法廷(島田仁郎裁判長)は12対3で原告の上告を棄却し、高裁判決が確定しました(2005年衆院選合憲判決)。
判決では、「政党は、議会制民主主義を支える不可欠の要素であって、国民の政治意思を形成する最も有力な媒体である」から、非政党候補との格差は「合理的理由に基づくと認められる差異」の範囲内であるとしました。
また、衆議院小選挙区における政見放送の非政党候補の締め出しについては、「選挙制度を政策本位、政党本位のものとするという合理性を有する立法目的によるもの」と判断しました。
その他、政治資金規正法上の政党に該当すると団体献金が受けられるようになる等の点で差異があり、政党助成法上の政党になれば政党法人格付与法に基づき法人格の取得が可能になり、国から政党交付金が受けられるようになるなど、ほかの政治団体と異なる扱いがなされています。

■ミニ政党・泡沫政党
・ミニ政党
・当選者数が極端に少ないことから、特に所属国会議員が存在せず、今後も議席を得る見込みのない政治団体を泡沫政党(ほうまつせいとう)と総称します。

■インターネット政党
インターネット政党とは、インターネットやソーシャルメディアを主な媒体として自らの政策を発信し、その政策の実現のために活動している政治団体及び任意団体の総称です。
一部のメディアから若者が政治参加するための媒体として注目されており、日本では天木直人やドクター中松が主な提唱者でした。
インターネット政党の特徴は、インターネットやソーシャルメディアを主な媒体にしているということですが、政党要件を満たしているネット政党は、日本には存在しません。
海外にはイタリアの五つ星運動のように政権を獲得した政党もあるものの、後に政党要件を喪失して解散してることも少なくありません。
また、他にも海外には国政選挙に候補者を擁立しているネット政党は複数存在しますが、泡沫政党で終わったり、そもそも立候補自体を却下された例も存在します。
また、入党に年齢制限を設けない場合が多いため、中学生や高校生、大学生が幹部を行うことインターネット利用者に学生・生徒が多いことを反映しています。

■規定
▲同一政党所属者過半数禁止規定
議会で同意又は指名の対象となっている政府関連役職の一部については、定数の一定数以上が同一政党に所属してはならないとする規定があります。
例として以下の役職があります。
・国家公務員(定数の半数以上)
人事官、国家公安委員会委員、公安審査委員会委員長及び委員、中央更生保護審査会委員、中央労働委員会公益委員、中央選挙管理会委員、政治資金適正化委員会委員
・地方公務員(定数の半数以上)
人事委員会委員、公平委員会委員、教育委員会委員
・地方公務員(2人以上)
選挙管理委員、選挙管理補充員
・その他(定数12人中5人以上)
日本放送協会経営委員

▲政党役員等禁止規定
公務員等の一部の役職については、政党役員等を兼ねることができないとする規定があります。
例として以下の職があります。

・「政党の役員、政治的顧問、これらと同様な政治的影響力をもつ政党員(任命前から5年間に就任していた場合を含む)」を禁止規定とする役職
人事官
・「政党の役員だった者(任命前から1年間に就任していた場合を含む)」を禁止規定とする役職
日本放送協会経営委員
・「政党その他の政治的団体の役員、政治的顧問、これらと同様な役割をもつ構成員」を禁止規定とする役職
裁判官、検察官、国家公務員一般職、国会職員、外務職員、裁判所職員
・「政党その他の政治的団体の役員、政治的顧問その他これらと同様な役割をもつ構成員」を禁止規定とする役職
自衛隊員
・「政党その他の政治団体の役員」を禁止規定とする役職
国地方係争処理委員会委員、中央更生保護審査会委員
・「政党その他の政治的団体の役員」を禁止規定とする役職
国家公安委員会委員、会計検査院情報公開・個人情報保護審査会委員、再就職等監視委員会委員、中央労働委員会公益委員、原子力委員会委員、土地鑑定委員会委員、公害等調整委員会委員長及び委員、運輸安全委員会委員長及び委員、公害健康被害補償不服審査会委員、電気通信紛争処理委員会委員、証券取引等監視委員会委員長及び委員、国家公務員倫理審査会会長及び委員、運輸審議会委員、宇宙開発委員会委員長及び委員、情報公開・個人情報保護審査会委員、食品安全委員会委員、公益認定等委員会委員、総合科学技術会議民間議員、特定独立行政法人役員、日本銀行役員、都道府県公害審査会委員、都道府県公安委員会委員、教育委員会委員、特定地方独立行政法人役員、地方公務員一般職、人事委員会委員、公平委員会委員
・「政党の役員」を禁止規定とする役職
国家公務員共済組合連合会役員、沖縄振興開発金融公庫役員、外務人事審議会委員

特定政党の公認申請代行
政党の公認を得る(もらう)には
「公認」「推薦」「支持」「支援」の具体的なちがい
政党の公募概要

選挙に関する用語・キーワード一覧

政治に関する用語・キーワード一覧

政治家|議員関連キーワード

■選挙関連キーワード
・政務活動の種類(政務活動費を充てることができる経費の範囲)
・自治体の種類と役割
・地方議会とは
・地方議員とは
・行政(行政のお仕事)とは
・公職選挙法
・政治資金規正法
・政治資金収支報告書とは
・政党とは
・政治献金とは
・政治団体とは
・資金管理団体とは
・政党交付金|政党助成金とは
・政務活動費とは
・政務調査費とは
・政治資金団体とは
・政治資金とは
・国会議員関係政治団体とは
・政治家|議員の勉強会

1900年 政党 1922年 政党 1940 政党 解散 1945年 政党 1955年 政党 30代 投票 政党 40代 政党 60年 政党 7/21 選挙 政党 7月 参議院選挙 政党 7月21日 選挙 政党 80年代 政党 9条 政党 9条 政党 主張 9条の会 政党 9条改憲 政党 9条改正 政党 ddp 政党 dup 政党 ldp 政党 livedoor 政党 mmt 政党 ua ゼンセン 政党 vic2 政党 victoria 政党 vivi 政党 vote 政党 イタリア league 政党 ウェーバー 政党 グリーン 政党 グリーンコープ 政党 スペイン 政党 vox タイ 軍政 政党 デュヴェルジェ 政党 デンマーク 政党 ドイツ ワイマール 政党 ドイツ ワイマール共和国 政党 ドイツ 政党 linke ドイツ 政党 バイエルン ピースボート 政党 ビビ 政党 ピンク 政党 プーチン大統領 政党 プエルトリコ 政党 ブラジル 政党 pp プラユット 政党 プリティ長嶋 政党 プログラミング 政党 ペナン 政党 ペルー 政党 ペンシルベニア州 政党 マレーシア 政党 ppbm ラトビア 政党 ワイマール共和国 政党 群馬 政党 軍部大臣現役武官制 政党 郡司彰 政党 左翼 政党 参議院選挙 政党 全部 支持率 0 政党 自分 ぴったり 政党 社民党 政党 で なくなる 消費税 増税反対 政党 逗子市長 政党 世界 政党 ランキング 政策 パンフレット 政策 プロセス 政党 10人 政党 1881 政党 1986 政党 1996 政党 1人 政党 2019 政党 2019 nhk 政党 2019 オリ 政党 2019 安死 政党 2019 参院選 政党 2019年 政党 2ch 政党 2パーセント 政党 2議席 政党 3議席 政党 3役 政党 5議席 政党 5人 政党 5人以上 政党 5名 政党 7党 政党 cm 政党 cm 税金 政党 diy 政党 go.jp 政党 line 政党 logo 政党 nhk 政党 party 政党 party 英語 政党 pixiv 政党 ppt 政党 radical 政党 ufo 政党 wiki 政党 wikipedia 政党 yahoo 政党 アプリ 政党 アメリカ 政党 アルバイト 政党 アンケート 政党 あんし 政党 イデオロギー 政党 イメージ 政党 イメージカラー 政党 いらない 政党 おすすめ 政党 オリ 政党 オリ 日本 政党 オリ 略称 政党 オリーブ 政党 オリーブの木 政党 オリーブの木 日本 政党 お金 政党 カラー 政党 キャッチコピー 政党 クイズ 政党 グーグル 政党 グッズ 政党 クラウドファンディング 政党 クラブ 政党 グループ 政党 ゲーム 政党 こころ 政党 ゴミ 政党 ご意見 政党 サポーター 政党 スタンス 政党 スタンプ 政党 ステッカー 政党 スポンサー 政党 スローガン 政党 ソート 政党 その他 政党 タイ語 政党 たかまつなな 政党 ダメ 政党 チャート 政党 チャート yahoo 政党 チラシ 政党 ツイッター 政党 ツイッター フォロワー数 政党 ツール 政党 つながり 政党 データ 政党 テスト 政党 デモクラシー 政党 テレビcm 政党 どこ 政党 どこがいい 政党 どこがいい 2019 政党 どこに投票 政党 とは 政党 どれ 政党 どれがいい 政党 どんな 政党 なし 政党 なぜ必要 政党 なんj 政党 ニュース 政党 ネタ 政党 ネット 政党 ネット広告 政党 の 類型 政党 ノート 政党 のぼり 政党 ノルウェー 政党 の意味 政党 の国 政党 の種類 政党 の党 政党 バーク 政党 パーティ 政党 パーティー券 政党 パーティー券 仕訳 政党 パーティー券 消費税 政党 バイト 政党 パチンコ 政党 バック 政党 バックボーン 政党 バッジ 政党 バッチ 政党 バランス 政党 パンフ 政党 ピクシブ 政党 ぴったり 政党 ビラ 政党 ビラ ポスティング 政党 プーチン 政党 プラットフォーム 政党 フランス 政党 プレゼント 政党 フローチャート 政党 プロモーション 政党 ベーシックインカム 政党 ベスト 政党 ベトナム 政党 ボートマッチ 政党 ホームページ 政党 ポジショニング 政党 ポジション 政党 ポスター 政党 ポスター はがす 政党 ポスター 家 政党 ポスター 収入 政党 ポスター 撤去 政党 ポスター 貼る 場所 政党 ボランティア 政党 ポリシー 政党 ポリティカルコンパス 政党 マーク 政党 マッチング 政党 マッチング 2019 政党 マッチング yahoo 政党 マップ 政党 まとめ 政党 まとめ 2019 政党 まとも 政党 マトリクス 政党 マニフェスト 政党 みらい 政党 みんな 政党 メリット 政党 メリット デメリット 政党 メンバー 政党 やばい 政党 ユーチューブ 政党 ユニーク 政党 ゆるキャラ 政党 よくわからない 政党 ライブドア 政党 ライン 政党 ラオス 政党 ランキング 政党 リベラル 政党 ルーツ 政党 れい 政党 れいわ 政党 ロゴ 政党 ロゴ 一覧 政党 ロゴマーク 政党 ロンダリング 政党 わからない 政党 わかりやすい 2019 政党 わかりやすく 政党 ワンイシュー 政党 悪い 政党 悪いところ 政党 圧力団体 政党 安楽 政党 安死 政党 安死 略 政党 意見 政党 意味 政党 移り変わり 政党 維新 政党 違い 政党 違い 2019 政党 違い 簡単 政党 一覧 政党 一覧 2019 政党 一覧 2019 参院選 政党 右 政党 右左 政党 右左 2019 政党 右翼 左翼 政党 右翼 日本 政党 運営費 政党 英語 政党 英語名 政党 何人から 政党 過去 政党 会派 違い 政党 解説 政党 改憲派 政党 外交 政党 外交政策 政党 外国人 政党 外国人参政権 政党 概要 政党 街宣車 法律 政党 学生部 政党 割合 政党 刊行物 政党 幹事長 政党 関係図 政党 韓国 政党 寄付 政党 寄付 控除 政党 寄付 上限 政党 寄付金 法人税 政党 機能 政党 規模 政党 擬人化 政党 議員 政党 議員以外 政党 議員数 政党 議院 違い 政党 議席数 政党 議席数 2019 政党 議席数 推移 政党 給料 政党 凝集性 政党 金 政党 軍隊 政党 傾向 政党 系図 政党 系統図 政党 系譜 政党 経済政策 政党 結成 政党 結成 条件 政党 憲法 政党 憲法改正 政党 献金 政党 原発 政党 原発 考え方 政党 原発反対 政党 減税 政党 現在 政党 現状 政党 胡散臭い 政党 五人 政党 御党 政党 語源 政党 語呂合わせ 政党 候補者数 政党 候補者数 2019 政党 公約 政党 公約 2019 政党 公約 比較 政党 広告 政党 綱領 政党 考え 政党 考え方 政党 行政 政党 合併 政党 合法性 政党 合流 政党 合流とは 政党 国民 政党 左 右 政党 左右 政党 座標 政党 座標軸 政党 最新 政党 最低人数 政党 最低賃金 政党 採用 政党 財源 政党 財源確保 政党 財政 政党 作り方 政党 作る 政党 作るには 政党 雑誌 政党 三役 政党 参院選 政党 参院選 一覧 政党 参議院 政党 山本太郎 政党 始まり 政党 思想 政党 支持団体 政党 支持率 政党 枝野 政党 自分に合った 政党 自民党 政党 実績 政党 実績 比較 政党 若者 政党 若者優遇 政党 主張 政党 種類 政党 順位 政党 順番 政党 諸 政党 諸派 政党 助成金 政党 女性比率 政党 除名 政党 消費税 政党 詳しく 政党 条件 政党 色 政党 新しい 政党 新撰組 政党 診断 政党 人気 政党 人気ランキング 政党 図 政党 図解 政党 推移 政党 推薦 政党 推薦 意味 政党 数 政党 数 2019 政党 勢力図 政党 成り立ち 政党 政策 政党 政策 2019 政党 政策 まとめ 政党 政策 比較 政党 政治団体 違い 政党 税額控除 政党 税金 政党 昔 政党 設立 政党 説明 政党 占い 政党 選び 政党 選び サイト 政党 選び方 政党 選び方 2019 政党 選ぶ 政党 選ぶ 基準 政党 選べない 政党 選挙 政党 選択 政党 前回 政党 前進 政党 全部 政党 組織図 政党 早わかり 政党 早見表 政党 争点 政党 相関図 政党 相関図 2019 政党 相性 政党 相性診断 政党 総裁 政党 総務省 政党 増えすぎ 政党 増減 政党 増税 政党 増税反対 政党 造反 政党 族群问题 政党 存在意義 政党 尊厳死 政党 多すぎ 政党 対韓国 政党 対立 政党 代表 政党 代表 一覧 政党 代表 落選 政党 代表者 一覧 政党 大地 政党 誰でも作れる 政党 団体 政党 男女比 政党 地方組織 政党 中国語 政党 中道 政党 仲間たち 政党 陳情 政党 定義 政党 定義 公職選挙法 政党 適正 政党 電話アンケート 政党 電話番号 政党 党員 政党 党員数 政党 党首 政党 党首 一覧 政党 投票 政党 働く 政党 動画 政党 動物 政党 動物愛護 政党 得票率 政党 特徴 政党 特徴 2019 政党 読み方 政党 届出 政党 内容 政党 日本 政党 日本のこころ 政党 日本維新の会 政党 日本史 政党 日本人 政党 入り方 政党 入党 政党 認められる 政党 認定 政党 年金 政党 年金 政策 政党 年代別 政党 年代別支持率 政党 年表 政党 年齢別 政党 納税 政党 農業 政党 農政 政党 派閥 政党 派閥とは 政党 廃止 政党 売国 政党 判断 政党 番組 政党 批判 政党 比べ 政党 比較 政党 比較 2019 政党 比較 9条 政党 比率 政党 比例区 政党 美国 政党 美国 台湾 政党 美女 政党 必要性 政党 表 政党 評価 政党 評判 政党 不祥事 政党 不妊治療 政党 不要 政党 夫婦別姓 政党 福祉 政党 分布 政党 分布図 政党 分類 政党 分裂 政党 分裂 図 政党 雰囲気 政党 平均年齢 政党 平等 政党 米 政党 別 当選者 政党 別 得票 数 2017 政党 別 得票 率 推移 政党 別 特徴 政党 変 政党 変化 政党 変遷 政党 変遷 2018 政党 変遷 2019 政党 変遷 図 政党 変遷 戦前 政党 変遷 日本史 政党 変遷図 政党 遍歴 政党 勉強 政党 勉強会 政党 保守 政党 保守 リベラル 政党 保守 革新 政党 補助金 政党 募金 政党 募集 政党 放送 政党 方針 政党 法人格 政党 法律 政党 本 政党 未来 政党 民主 政党 民主主義 政党 民主党 政党 無記名 政党 無所属 政党 無所属 違い 政党 無所属とは 政党 名 センス 政党 名称 政党 名称保護 政党 名前 政党 名前 ルール 政党 名簿 政党 名簿順位 政党 明治 政党 面白い 政党 木 政党 目的 政党 目標 政党 問題 政党 問題点 政党 野党 政党 野党 与党 政党 役員 政党 役割 政党 役職 政党 愉快な仲間たち 政党 癒着 政党 優位 政党 優先順位 政党 友人 政党 有効性 政党 有能 政党 予算 政党 予想 政党 与党 政党 与党 野党 政党 要件 政党 要件 2 政党 要件 れいわ 政党 要件 社民党 政党 落選運動 政党 乱立 政党 理念 政党 裏 政党 離合集散 政党 立ち位置 政党 立ち上げ 政党 立ち上げ 条件 政党 立候補 政党 立場 政党 略 政党 略称 政党 略称 nhk 政党 略称 オリ 政党 略称 安死 政党 略称 投票 政党 流れ 政党 類型 政党 類語 政党 令和 政党 令和新撰組 政党 令和新選組 政党 歴史 政党 歴史 図 政党 労働 政党 労働者 政党 労働者党 政党 労働組合 政党 労働党 政党 論点 政党こどもの涙ゼロ 政党との相性診断 政党とは 政党子供の涙ゼロ 政党支持率 政党助成金 政党政治 政党内閣とは 政党名 政党要件 全労済 政党 全労連 政党 増税 反対 政党 2018 増税 反対 政党 2019 増税賛成 政党 増税反対 政党 朝日新聞 政党 デジタル 電機連合 政党 日本 政党 図 美国 右派 政党 美国总统 政党 病院 政党 平壌 政党 明治時代 政党 図 拉致問題 政党

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。